ワーママとファッションの関係・靴とバッグは良い物を揃えよう

私は輸入会社での仕事が長かったのですが、その間にファッションについては、色々とお勉強させて頂きました。仕事でパーティや海外の展示会に参加しなければならない事もありましたし、会社での服装は自由だったので、毎日毎日どういう服を着ていけば良いのか、いつも悩んでいました。

そうした経験を経て、やっと自分の中でのルールが出来てきたように思います。最先端のファッション業界で学んだ、会社員ワーママに役立つファッションTipsをお伝えしたいと思います。

靴とバッグは良い物を揃えよう!それ以外はメルカリでもファストファッションでもOK

友達などに会った時に「かわいいカッコしてるね~!」と、突然言われて面食らう事があります。「え?全身ほとんどメルカリなんだけど・・。」と言うと「全身メルカリー!?」と驚かれます。

そうなんです。輸入会社にいた時には社割で、高い輸入商品を半額とかで買う事が出来ましたが、退職後は当たり前ですが、全て自腹。そうそう高いものを買えないのでメルカリはよく利用しています。

ポイントは素材感に気をつける事です。服装というのはやはり素材感で高級そうに見えたり、安っぽく見えたりします。中でも、もっともそれが顕著に現れるのは、靴とバッグです。ベルトを使う方はベルトもですね。これは多くのスタイリストさんもおっしゃってます。

靴とバッグだけは、シンプルかつ良い物でだいたい素材感や色を揃えてみましょう。ブラック系(好みによりネイビー系)・ベージュ系(好みによりグレー系)の2パターンを揃えておけばかなり使い回せるし、良い物は長持ちするので安い物を買ってすぐ使えなくなるよりいいです。

それ以外の服の部分は、日本の場合は結構流行があるので、高いものを買ってもだいたい翌年には着れなくなってしまいます。そう考えると、服にお金をかけすぎるのは費用対効果が悪いです。なのでファストファッションでも良いです。ファッション業界の人でも、一部にH&M等を着ている人は多かったです。

オススメなのは、良い物をメルカリで安く買うという事です。どれが良い服か分からない場合は、例えばTOMORROWLANDやUNITED ARROWS等のセレクトショップで検索すると良いです。

メルカリで売るという方法もあります。私は娘の小学校の入学式の服は、メルカリで購入して、すぐにメルカリで売ってしまいました。あまり着る機会がなかったからです。

靴とバッグだけを良い物で揃えておけば、それ以外の部分が安くても、全体的には安っぽくなりません。是非一度試してみて下さい。

あとは、季節の変わり目の時期は靴からチェンジしていくと良いです。例えば9月はまだまだ暑い日も多いですが、いつまでも夏のサンダルを履くのではなくて、少し早めに秋の靴にシフトしていくと、おしゃれ感が増します。

「あ、この人おしゃれ~。」と思う人の足下を見てみて下さい。既に次の季節の靴にしているんじゃないかな。

私の場合

ファッションには興味があるものの、どういうものを買えば良いのか分からない状態から、イタリアなどの最新のファッションを扱う会社で働く事になり、本当に困りました。レディースの営業さんも男性が多かったので、時々男性社員から「靴がさぁ~。微妙だよね。」と言われたりした訳です。

私は輸入担当なので、別にどんな服装でも構わないはずなのですが、時々パーティがあったり、海外出張でイタリアのメーカーを訪問したり、展示会に参加したりという事があって、その度に服装に悩みました。お金も結構かかりました。けれども少しずつ四苦八苦するうちに、レディースの営業さんから「そのバッグ、かわいいね。参考にしたいから写真撮らせて。」などと言われるようになりました。

その後、夫の転勤で時計関係の輸入会社に転職して、現在はフリーランスで働いているので、そこまでファッションにお金をかける必要はなくなったのですが、現在ではバッグ・ベルト・靴は良い物を揃えていて、それ以外はメルカリで安く買ったりファストファッションも利用しています。在宅ワークなので、そこまで服装にこる必要はないのですが、自分が納得出来る服装をしているのは気分が良いです。

個人的にはBEARDSLEYというブランドが好きなのですが、ちょっと高いんです。なので、ものすごく気に入って長く着れそうなものは原価やセール時に購入します。けれども、メルカリでBEARDSLEYはよくチェックしていて、いいなと思うものが出品されていたら、メルカリを利用しています。

PLSTBAYCREW’Sも、そこまで高くなくてシンプルなラインナップなので、時々購入します。

私の周りはワーママが多いですし、年齢的にも30代40代が多いのですが、時々40代なのに、20代と変わらない服装や素材の格好をされている方も多くて、もったいないなぁと感じます。ポイントだけ押さえておけば、そこまでお金をかけなくても、年相応の格好が出来ますよ。

まとめ

イタリアのファッションを扱う輸入会社での仕事を通して学んだ事は、素材感に気をつけるという事です。色々と揃えると結構お金がかかってしまうのですが、素材感が安っぽく見えないものを選びましょう。

そして、靴とバッグは良い物にして、色や素材感を揃えるようにしましょう。ブラック系(好みによりネイビー系)・ベージュ系(好みによりグレー系)の2パターン揃えると、かなり着回し出来ます。それ以外の服は、別にファストファッションやメルカリでも良いのです。

30代後半、40代になってくると、20代の時と同じ服装や素材の服を着ていると、年齢に合わず、浮いて見えてしまいます。ちょっとポイントを押さえるだけで、ぐっと素敵に見えます。そこまでお金をかけなくても、年相応の格好になるので、是非試してみて下さいね。

HAVE A GOOD DAY!

 

ABOUTこの記事をかいた人

Keiko Hagi (羽木 桂子)

フルタイム勤務のワーママを経て、フリーランスへ。夫は単身赴任中で、小学生の娘と2人暮らし。サロン開催、サークルや、PTA、学童の役員等で、多くのワーママと関わってきている。海外との仕事をする機会が多く、添乗や出張、旅行等で30カ国以上を訪問。独自の視点をコーチングに活かし、ワーキングマザーをサポート中。ドイツ親子留学が延期となり、娘はインターナショナルスクールへ転校する。国際教育相談のサービスも展開するライター・コーチ。
♦GCS認定コーチ
♦Points of You® Explorer(国際資格)
♦『次世代国際教育メディア』(https://ienext.org/)にて、コラム連載中。