『edu JUMP!』でコラム連載中~5つ目の記事が公開されました~

我が家は、ドイツへ親子留学へ行く予定でしたが、新型コロナの影響で延期になりました。収束にはもう少し時間がかかりそうなので、娘は日本の公立小学校から、国内のインターナショナルスクール(国際バカロレア認定校)に転校しました。現在は渡独のタイミングを検討中です。

私は『edu JUMP!』という国際教育系のサイトで、コラムを連載させて頂いています。以前は『ie NEXT 次世代国際教育メディア』という名称でしたが『edu JUMP!』に変更されています。7月22日に、連載5つめの記事が公開されました。

公立小の4年生からいきなりインターナショナルスクールに転校するという、怒濤の1年間が終わり、娘の英語力はどう変化したのか?

また、2ヶ月間という長い夏休み、娘やクラスメートはどう過ごしているのでしょうか?そして、5年生になると、それぞれの進路に向けて動いていきます。そういった周囲の変化等についても書かせて頂いています。

以前は駐在員や大使館関係者、芸能人や一部の富裕層の子供が通っているイメージの強かったインターも、最近では共働き家庭の子供達も増えてきました。小学5年生から英語が教科となり、成績がつくようになるので、子供の英語教育に悩むワーママもたくさんいらっしゃいます。こういう選択肢もあるんだと思って頂けると執筆しがいがあります。

POPULAR POSTSに掲載!本田圭佑さんの記事と一緒に・・

この連載5の記事はなぜか長らく、POPULAR POSTSに掲載されていて、一時期は連載1の記事と5の記事が同時に選ばれていた事もありました。本田圭佑さんの記事がアップされると、一緒にPOPULAR POSTSに掲載されていたので、記念に画像を残しておきました 笑。

『edu JUMP!』にて連載コラムを執筆中

娘は小学4年生という、インターに編入するには遅いタイミングで、突然全ての授業が英語で行われる環境に放り込まれました。けれども、この年齢は語学を学ぶには最適の時期と言われています。

学年を1つ下げてインターの4年生に編入した娘も、夏休みに入りました。8月末からインターの5年生に進級します。ちなみに日本の学校では5年生です。

リスニングやリーディング力は順調に伸びていますが、スピーキングやライティングはまだまだで、今後の課題です。

国内のインターナショナルスクールって、あまり情報がないのです。我が家が転校する時には、結構悩みました。

インターナショナルスクールや、国際教育について相談されたい方は、こんなサービスを提供しています。

国際教育Cafe

2021年3月16日

興味のある方はこちらからお問い合わせ下さい。

*コーチングや国内インターナショナルスクール、国際教育ってちょっと気になるかもっていう方には、メルマガに登録して頂けると、ブログでは書けないインターナショナルスクールの話、忙しいワーキングマザーが自分らしく過ごせるようになるCoaching Tipsや、海外で体験した面白い人や場所の話などをお送りします!不定期で、メルマガ読者さん向けに無料Zoomお茶会の開催情報なども送らせて頂く予定です。

*ブログでは書けない情報満載の国際教育Bookを無料プレゼント中です。

こちらからダウンロード出来ます! ↓ ↓ ↓

ABOUTこの記事をかいた人

Keiko Hagi (羽木 桂子)

フルタイム勤務のワーママを経て、フリーランスへ。夫は単身赴任中で、小学生の娘と2人暮らし。サロン開催、サークルや、PTA、学童の役員等で、多くのワーママと関わってきている。海外との仕事をする機会が多く、添乗や出張、旅行等で30カ国以上を訪問。独自の視点をコーチングに活かし、ワーキングマザーをサポート中。ドイツ親子留学が延期となり、娘はインターナショナルスクールへ転校する。国際教育相談のサービスも展開するライター・コーチ。
♦GCS認定コーチ
♦Points of You® Explorer(国際資格)
♦『次世代国際教育メディア』(https://ienext.org/)にて、コラム連載中。