英英辞書は楽しくて勉強になる!小・中・高校生にオススメ!『Oxford School Dictionary』

今回は、楽しくて勉強になる英英辞書『Oxford School Dictionary』のご紹介です。

我が家の娘は小学4年生から3年間、インターナショナルスクールに通っていました。授業の内容がほとんど理解できない状態から、少しずつ英語力は伸びていき、次第に英語での授業に問題なくついていけるようになりました。インターナショナルスクールに在学中に英検2級まで合格、卒業後に準1級に合格しました。

最初は電子辞書を購入しました。もちろんPCがあれば単語は調べられますが、電子辞書は小さくて持ち運びがラクですし、分からない単語があればすぐに調べられて便利です。

6年生ではクラスにペーパーバッグの辞書『Oxford School Dictionary』が置いてあったので使うようになり、楽しさに目覚めたようです。

実は親である私も英英辞書が好きなので、現在では私と娘でそれぞれペーパーバッグ版を持って、愛用しています。「辞書の何が楽しいの?」と思われるかもしれませんが、読んでみてくださいね。

Contents

英英辞書を使ってみよう

そもそも、、英英辞書ってどうして必要なの?英日辞書、日英辞書ではいけないの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。別にどうしても必要という訳ではないんです。我が家では、私も娘も最初は英日辞書、日英辞書を使っていました。

ただ、英日・日英辞書は英英辞書と比べると、微妙にニュアンスが違っていることが結構あります。英日・日英辞書で調べてみて、なんだかしっくりこないなぁ・・という時に、英英辞書を使うと、ピタリとはまるという事はよくあります。

英英辞書を使うには最低限の英語力は必要です。英英辞書は当然ながら、単語の意味が英語で書かれているため、意味が分からないから辞書を引いているのに、その説明文に出てくる英単語が分からないので、さらにその意味を調べるハメになる時もあり、正直面倒くさいと思うかもしれません。

でもそうやって辞書をまめにひいてみることで、少しずつ英語力は上がっていきます。英語力が上がってくると、「なるほど、こういう説明の仕方があるのか」など、英文の勉強にもなりますし、そうやって語彙力も上がってくるのです。

英英辞書を使うこと自体ハードルが高いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は私もそうでした。最初は英日・日英辞書を使い、少しずつ英英辞書にシフトしていくのが良いと思います。

ペーパーバッグ版でも十分なので、ぜひ一度使ってみてください。

『Oxford School Dictionary』

『Oxford School Dictionary』は、基本的に英語ネイティブの10歳以上、小学生の高学年、中学生を対象にしています。小学生の高学年ですと、ハリーポッターの原文を読むくらいです。

では、日本人だとどれくらいのレベルが必要かといいますと、もちろん個人差はあると思いますが、おそらく英検でいえば2級合格者以上くらいではないでしょうか?

基本的には、英検2級は高校卒業程度と言われていますが、最近では英検合格者も低年齢化しています。サンプルを見て検討されると良いと思います。

『Oxford Primary Dictionary』

『Oxford School Dictionary』はちょっと難しすぎるかも・・という場合には、『Oxford Primary Dictionary』もあります。こちらはネイティブの8歳以上、小学生の低学年を対象にしています。

日本人が使う場合は、英検準2級以下の人に良いと思います。

created by Rinker
Oxford University Press, USA

我が家の英英辞書の使い方

我が家では、よく海外ドラマを見ています。最初は娘も全然英語が出来なかったので、日本語字幕で見ていました。少しずつ英語力が伸びて、英語字幕でも何となく内容が分かるようになってきました。英語字幕になると、やはり分からない単語というのはたくさん出てきますので、毎回調べていたらキリがないのですが、何度も出てくる単語や、何となく気になる単語があると、英英辞書で調べています。

海外ドラマを英語字幕で見て、時々英英辞書で調べるというのを、何年もやっていたらですね、私も娘も英語力が上がったのを自覚しました。

基本的に海外ドラマを見るのは、勉強って感じではないので、楽しみながら何となく続けていたら英語力が伸びるって最高ですね。

その他、娘は現在公立の中学校に通っていますが、学校にも持っていって使っています。そして、私の方は夜寝る前に本変わりにパラパラっとみて、「へー。こんな単語があるのか、知らなかった。。」などと、これも勉強というよりはもはや趣味に近い感じで楽しんでいます。単語の説明は短いので、ささっと読んで終わりに出来るのがちょうど良いです。

ぜひ家族で、英英辞書を楽しみながら使ってみて下さい。

*インターナショナルスクールや、国際教育について相談されたい方は、こんなサービスを提供しています。

国際教育Cafe

2021年3月16日

興味のある方はこちらからお問い合わせ下さい。

*コーチングや国内インターナショナルスクール、国際教育ってちょっと気になるかもっていう方には、メルマガに登録して頂けると、ブログでは書けないインターナショナルスクールの話、忙しいワーキングマザーが自分らしく過ごせるようになるCoaching Tipsや、海外で体験した面白い人や場所の話などをお送りします!

*ブログでは書けない情報満載の国際教育Bookを無料プレゼント中です。

国際教育Bookの内容はこんな感じ♪

インターナショナルスクール

国際教育Book

2021年5月29日

こちらからダウンロード出来ます! ↓ ↓ ↓

ABOUTこの記事をかいた人

フルタイム勤務のワーママを経て、フリーランスへ。サロン開催、サークルや、PTA、学童の役員等で、多くのワーママと関わってきている。海外との仕事をする機会が多く、添乗や出張、旅行等で30カ国以上を訪問。 ドイツ親子留学が延期となり、娘は公立小学4年生からインターナショナルスクールへ転校し、卒業。 国際教育相談のサービスも展開するライター。
120時間のTEFL(Teaching English as a Foreign Language)コースを修了。
♦GCS認定コーチ
♦Points of You® Explorer(国際資格)
♦『edu JUMP!』『留学プレス』等でライターとしても活動
♦ Certificate of 120 Hour Advanced TEFL Course