『留学プレス』でサイモンフレーザー大学の紹介記事が公開されました

私はライターとして、国際教育系の記事やコラムを連載させて頂いています。

今回は『留学プレス』というWebメディアで、カナダのバンクーバーにあるサイモンフレーザー大学についての紹介記事が公開されました。
↓ ↓ ↓
サイモンフレーザー大学留学ガイド|偏差値や入学条件は?学部・学費まで徹底解説

カナダの大学紹介の調査記事を執筆

今まで体験談やオピニオン系記事やブログを執筆してきた私にとっては、海外の大学のWebサイトを隅々まで読んで、読者に分かりやすい記事を書くというのは初めての体験で、それなりに大変でした。海外の大学への入学方法は何となくしか理解出来ていなかった為、調査に時間がかかりました。

カナダ含む北米では、2年制のカレッジから、4年制の大学の3年生へ編入するというのは一般的で、それでも最終学歴は4年制大学卒業の学士となりますので、いいですよね。記事にも書きましたが、留学生にとっては、いきなり英語で4年制大学の授業を受けるより、小規模のカレッジでの授業に慣れてから、大学に編入するというのはおすすめです。

サイモンフレーザー大学の場合、付属のカレッジからの編入方法というのが、ものすごく分かりにくくて、かなり長時間Webサイトを読み込みました。日本語で紹介している留学エージェントや、Webメディア等もありましたが、かなりはしょっていたり、違っていたりで参考にならず、自力で調査しました。けれでも、やってみると意外と面白かったです。

サイモンフレーザー大学を聴講した時の体験

かなり前の話ですが、私はバンクーバーに住んでいて、サイモンフレーザー大学の授業を聴講させて頂いた事があります。友人が通っていたので、教授にその場で頼んでくれて、「もちろんよ!」と快く承諾頂いたのでした。

しかし当時は今より全然英語が分からなかったので、「結局、何の授業だったんだろう?」くらいな感じでした。今考えるともったいない話なのですが、まだ語学学校に通っていた時期で、残念ながらあまり聞き取れませんでした。授業の後、友人に校舎を案内してもらったのですが、とにかく広くて、設備は充実していました。

まさかその時は、後にこの大学の紹介記事を書くとは思ってもいなかったので、人生って分からないものです。

今回は校正の段階でかなり修正が入ったので、まだまだ実力不足だなと落ち込んでいたのですが、担当頂いた方からは、「羽木さんの筆力があれば、すぐ慣れますよ。」と言って頂いたので、、お世辞かもしれませんが、今後にご期待頂ければと思います。

 

note始めました:「親子のおうち英語・大人の学びなおし英語」

インターナショナルスクールや、国際教育について相談されたい方は、こんなサービスを提供しています。

国際教育Cafe

2021年3月16日

興味のある方はこちらからお問い合わせ下さい。

*コーチングや国内インターナショナルスクール、国際教育ってちょっと気になるかもっていう方には、メルマガに登録して頂けると、ブログでは書けないインターナショナルスクールの話、忙しいワーキングマザーが自分らしく過ごせるようになるCoaching Tipsや、海外で体験した面白い人や場所の話などをお送りします!不定期で、メルマガ読者さん向けに無料Zoomお茶会の開催情報なども送らせて頂く予定です。

*ブログでは書けない情報満載の国際教育Bookを無料プレゼント中です。

こちらからダウンロード出来ます! ↓ ↓ ↓

ABOUTこの記事をかいた人

Keiko Hagi (羽木 桂子)

フルタイム勤務のワーママを経て、フリーランスへ。夫は単身赴任中で、小学生の娘と2人暮らし。サロン開催、サークルや、PTA、学童の役員等で、多くのワーママと関わってきている。海外との仕事をする機会が多く、添乗や出張、旅行等で30カ国以上を訪問。独自の視点をコーチングに活かし、ワーキングマザーをサポート中。ドイツ親子留学が延期となり、娘はインターナショナルスクールへ転校する。国際教育相談のサービスも展開するライター・コーチ。
♦GCS認定コーチ
♦Points of You® Explorer(国際資格)
♦『次世代国際教育メディア』(https://ienext.org/)にて、コラム連載中。