日本人がインターナショナルスクールに通うと英語力はどのくらい身に付くの?

インターナショナルスクール

日本人がインターナショナルスクールに通うと、どれくらい英語力が身に付くものなの?って疑問に思いませんか?我が家の娘は、公立の小学校に4年生の1学期まで通い、夏休み明けのインターの新学年がスタートするタイミングから、本来5年生になるのですが、英語がほとんど出来なかったので、1学年下げて4年生に編入しました。

9月にインターに編入して、12月初旬にTOEFUL Primary STEP1というテストをほとんど対策せずに受験してみたところ、ほぼ満点でした。「あれ~思ったより出来るようになってるんだな。」と思い、英検5級の過去問をやらせてみたらこちらもほぼ満点。これでは5級を受ける意味がないので、5級をパスして4級を受験予定です。

今はインターに編入して半年たったところですが、4級の過去問をやらせてみたところ、リーディング問題は8~9割出来ており、リスニングに至っては満点。特にリスニングは余裕だったようで、聞きながら「え?」「は~。」などブツブツ言ってるので、後で何を言っていたのか聞いてみたら、「答えがヘンなのばっかりなんだもん。」との事。

まぁリスニングの選択問題は、正解が1つでそれ以外は間違いという事になります。間違っているのは全然違う事を敢えて言ってる訳なので、正解が分かっている娘からすると、例えば、正解は絶対に「apple」なのに、「banana」とか「lemon」とか言ってるのを聞いて「それ、絶対違うでしょ!」とツッコミたくなるようです。

インターナショナルスクールの同級生の英語力は英検2級レベルがゴロゴロいる

娘の話によると、ほとんどの生徒が英検2級を持っているそうなので、2級くらいは当たり前で、4級なんて恥ずかしいレベルなのだそうです。

娘が通っているインターは国際バカロレア認定校で、「ユニット」と呼ばれる社会や理科・図工・音楽を融合したような授業があります。このユニットの授業は、3年生と4年生が一緒に受けます。インターと日本の教育システムではスタートの時期が違うので、3年生の中には、日本の学校でいえばまだ2年生の生徒もいます。要するに、小学2年生の生徒でも、高校卒業レベルと言われる英検2級を持っている生徒がたくさんいるという事になります。

やはり1日に6時間半、基本英語で授業を受けているので、もはや英語は出来て当たり前な感じ。まぁそれはそうですよね。日本の小学校に通っている生徒は日本語が出来るのが当たり前なので、そんな事でイチイチ驚きません。インターナショナルスクールで英語が出来るのは当たり前の世界なのです。

なるべく英語に触れる事が習得への近道

語学を習得するには、最低でも2,000時間は必要と言われています。子供を週に1回英会話に通わせても、全然英語出来るようにならないってよく聞きますが、それも当然の話で、圧倒的に時間が足りないのです。小学生くらいの時期に、学校で英語のシャワーを浴び続けると、自然と英語が身に付いてくるのです。

もちろん、英語の本を読むとか、地道に単語を覚えていく努力は必要ですが、それでも、能力に関係なく身に付いていくのが語学です。これからは、親が意識を変えて、正しい時期に、適切な環境を子供達に与えてあげる事が、英語習得への近道なのです。子供が受験英語だけで何とかいい学校に合格すればいいと考えるか、自由に英語をつかいこなし、海外の人と英語でコミュニケーションをとれるようになって欲しいと考えるか、親の判断力が問われていくと思います。

*とはいえ、国内のインターナショナルスクールって、日本人が通うには敷居が高く感じるのも事実です。けれでも効率的に利用する事で、この先の受験などでも英語で高得点を取れたりメリットもたくさん。

*インターナショナルスクールや、国際教育について相談されたい方は、こんなサービスを提供しています。

国際教育Cafe

2021年3月16日

興味のある方はこちらからお問い合わせ下さい。

*コーチングや国内インターナショナルスクール、国際教育ってちょっと気になるかもっていう方には、メルマガに登録して頂けると、ブログでは書けないインターナショナルスクールの話、忙しいワーキングマザーが自分らしく過ごせるようになるCoaching Tipsや、海外で体験した面白い人や場所の話などをお送りします!

*ブログでは書けない情報満載の国際教育Bookを無料プレゼント中です。

こちらからダウンロード出来ます! ↓ ↓ ↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

Keiko Hagi (羽木 桂子)

フルタイム勤務のワーキングマザーを経て、現在はドイツ親子留学に向け、フリーランスで働きながら準備中。夫は単身赴任中で、小学生の娘と2人暮らし。ワーキングマザーのサロン開催、サークルや、PTA、学童の役員等で、多くのワーキングマザーと関わってきている。海外との仕事をする機会が多く、添乗や出張、旅行等で30カ国以上を訪問。独自の視点をコーチングに活かし、ワーキングマザーをサポート中。
♦GCS認定コーチ
♦Points of You® Explorer(国際資格)