小学校のマニュアル的熱中症対策に疑問。どうやって子供を守るべき?

記録的な暑さが続いています。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

熱中症について考える

小1の男の子が校外学習中に熱中症で亡くなったと聞いて以来、、色々と考え続けています。

この時期の小学1年生って、、まだまだ小さくて頼りない感じ。

小学生というよりは幼稚園・保育園児に近い感じですよね。

その子なりに体調不良を訴えていたと思うけれども、周りの大人たちには届かなかったのでしょうか?

楽しみにしていたであろう夏休みに入る直前にこんな事になってしまうとは、ご両親の心情を考えると、何とも言えない気持ちになり、
悶々としていました。

毎年行っている校外活動だし、、今まで問題が起きた事はなかったし、、という事で行われたのでしょうが、、この気温です。1年生のまだまだ体力のない状況と、背が低いので地面の照り返しも暑かったでしょうね。

周囲の大人の誰かが、中止の判断を出来なかったのでしょうか。

あるいは、どうしても行くのであれば、通常は学校での水分補給などはお水やお茶くらいしか許可されていないと
思いますが、炎天下の中歩いて行くのであれば、スポーツドリンクや、塩分タブレット等
準備はされなかったのかな?と考えてしまいます。

小学校の熱中症対策

そんな風にぐるぐると考えていた中、

娘が通っている小学校では、先日着衣水泳が行われました。

着衣水泳とは、服を着たまま水に入って、どれほど重さを感じるかなどを体験する授業で、毎年行われています。

あんな事があったばかりだったので、少し心配して送りだしましたが、、まぁ何事もなく終わったようです。

ところが、夕方、環境省と教育委員会より通達があった為、明日と来週の他の学年の着衣水泳は気温が高い事が予想される為、中止と致します。

という連絡が入りました。暑さ指数が危険レベルになりそうだからという事です。

暑さ指数とは

それを聞いて、え、、(娘含め)低学年は今日やったけど。。今日もめちゃくちゃ暑かったよ。命の危険があります。不要な外出は控えましょう。と言ってたけど。。と思いました。

もし、環境省と教育委員会から通達が入る前に、全学年着衣水泳は禁止とします、

という連絡が入っていたら、よく判断してくれた。と思ったでしょうが、、

通達があったので、既に低学年は実施済みだけど、他の学年は全て中止とします、

っていうのはいかがなものか。
しかも、普通に考えて、低学年の方が体力ないですよね。

上から禁止されたので、やめておきます。っていう事で、そこには小学校としての判断は少しも入っていないですよね。

学校側も対応に苦慮しているとは思います。
学校としては、熱中症対策の為のマニュアルがあり、それをもとに判断しているとは思います。
しかし、この感じだと、あくまでそのマニュアルに沿って対応しているだけというか、
何か、、何よりもまず子供の命を最優先する、という本気度が感じられませんでした。
この様子を見て私たち親も、やはり学校におまかせ、では子供を守れないと感じました。

旅行会社時代の友達と話していて、

「うーん、もうこれはインドレベルの暑さ・・。」

「お昼はシェスタ(お昼寝)タイムにして夜活動した方がいいのでは。」

「イランみたいに夜にピクニック行くとか。。」

などと半分冗談で話していたのですが、、

冗談では済まない状況になってきています。

学校のエアコン設置を前倒しにしたとか、色々と熱中症対策を進めるようになったそうですが、

出来る事ならば、幼い命が犠牲になる前にやるべきだったと思います。

既に夏休みに入った学校が多いと思います。

今度は、夏休み中に同じような悲劇が起きないよう、私達大人は対応していきましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

Keiko Hagi (羽木 桂子)

フルタイム勤務のワーキングマザーを経て、現在はドイツ親子留学に向け、フリーランスで働きながら準備中。夫は単身赴任中で、小学生の娘と2人暮らし。ワーキングマザーのサロン開催、サークルや、PTA、学童の役員等で、多くのワーキングマザーと関わってきている。海外との仕事をする機会が多く、添乗や出張、旅行等で30カ国以上を訪問。独自の視点をコーチングに活かし、ワーキングマザーをサポート中。
♦GCS認定コーチ
♦Points of You® Explorer(国際資格)