未経験からライターになる方法

私自身まだまだ駆け出しのライターなので、偉そうな事は言えないのですが、連載コラムのお仕事を頂いています。

『ie NEXT 次世代国際教育メディア』連載コラムがスタートしました

2021年1月18日

『ie NEXT 次世代国際教育メディア』でコラム連載中~2つ目の記事が公開されました~

2021年2月19日

ひとつ実績が出来ると次の仕事にも繋がりやすいので、面白そうな媒体があればまたアプライしていこうと思っています。また近々、共同のエッセイ集を出版予定です。

未経験からライターになるには、例えばクラウドワークス等で、最初は単価が安くても仕事をこなしていき、実績を積んでいくというのはアリだと思います。あとオススメなのは、自分のブログを持ち、発信していると、文章を書く練習にもなりますし、仕事に繋がりやすいです。実際に私はブログのおかげでお仕事を頂けたようなものです。あとは、自分の興味のある媒体にアプローチしてみると良いですね。

私の場合

私はこのブログを立ち上げた当初は、フルタイムの会社員ワーママだったので忙しすぎて、せいぜい月に1記事くらいしか書けていませんでした。それでも、文章を書くのは好きだったので、細々と続けていました。

以前からライターという仕事に興味は持っていて、いいなと思う記事を書かれているライターさんがいらっしゃいます。その方がどうやってライターになったかという有料記事を購入して読んだら、既に本も出版されているし、有名な媒体で記事を書かれているその方でも、最初はクラウドワークスなどで、単価の安い仕事をこなしていたそうです。しかし、自分から興味のある媒体に応募して仕事につながった事もあり、その時には自分のブログのURLもお知らせしたそうです。

そういう訳で、私も時々読ませて頂いていたWebサイトでライター募集しているのを知り、ダメ元で同じ事をやってみました。そうすると、ブログの記事を読んで頂き、視点が面白いという事と、たまたまタイミング的に今までの内容を元に新たにサイトを立ち上げる時だったそうで、新しいサイトの方で、単発の記事ではなく、連載コラムの掲載をお願いしたいという事で、トントン拍子で採用が決まったのです。

やはりブログで発信していると、その人がどういう文章を書けるのか、どういう事に興味を持っているのか等が読むと分かりやすいので、採用側としても、トライアル等を経なくても、ライターとしてお願いしたいかどうか、分かるのでしょうね。

ライターのメリット・デメリット

文章を書くのが好きな人、少なくとも苦ではない人にとっては、それが仕事となり実際に報酬を頂けるというのは、何にも代えがたいメリットです。記事の締め切りさえ守れば、時間と場所に縛られずに仕事が出来るのも良いですよね。私はフリーランスのワーママとして、この仕事をやらせて頂いていますが、会社員の方でも副業として出来ると思います。

デメリットとしては、ペンネームで書かれている場合は良いかもしれませんが、私は本名で書かせて頂いているので、良くも悪くも、私の考えや文章の出来が色んな人に知られる為、プレッシャーも感じます。それに、今はかなり自由に書かせて頂いていますが、媒体によっては色々と指定があると聞きます。そういう指示に対応して書けるかどうかも、問われるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?他の仕事と比べると、未経験でもライターになるチャンスはあります。ライターに興味を持っている方は是非、普段から色んな媒体やWebサイトを探してみて、ライター募集しているのを見つけたら、ダメ元で連絡してみて下さい。

その為にも、ブログを始めてみるのは良いですよ。

もしブログを始めたいと思っても始められない。ダメ元で連絡するなんて無理そう・・となかなか行動出来なくて、状況が変わらないまま時間が過ぎていく場合には、コーチングを利用してみて下さい。コーチングは個人の方でも気軽に体験出来るのでオススメです。

オリエンテーションでは、コーチングについてご説明させて頂き、納得頂いてからご契約頂けます。

コーチングや国内インターナショナルスクール、国際教育ってちょっと気になるかもっていう方には、メルマガに登録して頂けると、忙しいワーキングマザーが自分らしく過ごせるようになるCoaching Tipsや、海外で体験した面白い人や場所の話、ブログでは書けない話などをお送りします!

*ブログでは書けない情報満載の国際教育Bookを無料プレゼント中です。

こちらからダウンロード出来ます! ↓ ↓ ↓

ABOUTこの記事をかいた人

Keiko Hagi (羽木 桂子)

フルタイム勤務のワーママを経て、フリーランスへ。夫は単身赴任中で、小学生の娘と2人暮らし。サロン開催、サークルや、PTA、学童の役員等で、多くのワーママと関わってきている。海外との仕事をする機会が多く、添乗や出張、旅行等で30カ国以上を訪問。独自の視点をコーチングに活かし、ワーキングマザーをサポート中。ドイツ親子留学が延期となり、娘はインターナショナルスクールへ転校する。国際教育相談のサービスも展開するライター・コーチ。
♦GCS認定コーチ
♦Points of You® Explorer(国際資格)
♦『次世代国際教育メディア』(https://ienext.org/)にて、コラム連載中。