ワーママに向いてる仕事が分からない時は、ストレングスファインダーを受けてみよう

ワーママに限らずかもですが、「自分に向いている仕事が分からない。」と聞く事があります。そういう時には、まず色々と行動してみる事で、「向いている」「向いていない」というのは分かってきやすいです。

ですが、本当にどうやっても分からない場合、ストレングスファインダーのテストを受けてみると、何かのヒントになるかもしれないので、オススメしたいです。

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダー(クリフトンストレングス)とは、アメリカ最大の調査会社Gallup社によって開発された、テストによって自分の強みを診断出来るツールです。私はGallup社の資格を持っている訳ではありませんが、その人らしい生き方をしていくには強みを知っておく事が重要だと思っているので、勉強会等によく参加しています。

本を購入するか、WEB上で購入して、アクセスコードを入手する事で、テストを受ける事が出来ます。
現在は本を購入する方が少し安いですね。

この診断では、まず、34資質あるうちの、トップ5の強みの資質を知る事が出来ます。トップ5以降の全資質を知りたい事は追加でテストを受ける事も出来ますし、最初から34資質を出すテストを受ける事も可能です。

ストレングスファインダーで自分の強みを知ると何が良いの?

私達は強みよりも弱みに注目してしまいがちです。強みが分からないという人でも、弱みなら分かるっていう事ありませんか?例えば、学校では成績が出るので、点数が高い科目は得意で、低い場合は苦手な科目です。算数が苦手で、国語は得意という場合、国語はある程度点数が取れるから、算数をがんばらなくては・・と思いませんか?

でも、向いている仕事っていうのは考え方が真逆で、点数が高いものに注目して伸ばしていかないと、何が得意なのか、向いているのか分からないですよね。ストレングスファインダーで言えば、34資質の中でトップ5になるものは、かなり強い、得意という事になります。これを活かせる仕事は何かな?という視点で考えてみると良いです。

私の場合

私のトップ5の強みの資質は、1.最上志向 2.着想 3.運命思考 4.アレンジ 5.共感性です。

最上志向は、強みに着目し、それを活かそうと考える資質です。コーチにぴったりの資質で、この資質を持っているコーチはすごく多いのです。

着想は、違った視点から物事を考えたり、一見つながっていなさそうな出来事につながりを見いだしたり、独特の新しい考え方をします。

運命思考は、物事は偶然起きたのではなく、なるべくしてそうなったとか、人々は皆同じだと考えているので、異なる文化を持つ人々の間で架け橋となる役割を果たします。

アレンジは、様々な要素をもっとも生産性の高い組み合わせに調整したり、多くの状況を同時進行して上手く進めたりするのが得意です。実は私にとっては普通の事なので、気づいていない強みでした。

共感性は分かりやすいですね。人々への共感性が高く、考えている事や感情を察する事が出来ます。

面白い事に、私がアレンジの資質をトップ4に持っているなんて気がついてなかったように、強みというのはその人が当たり前に出来る為に、気がつかないという事も往々にしてあります。

私の場合は、今までの仕事全てにこれらトップ5の資質が活かされているようです。コーチングでは、最上志向、共感性、旅行や輸入の仕事は着想やアレンジ、ブログやライター、Webサイトの運営スタッフは着想、アレンジや共感性です。

私は割と早い時期から自分が好きな事、向いている事を仕事にしたいと思ってやってきたので、そういう仕事を無意識に選んできていたという事でしょう。後からストレングスファインダーのテストを受けたら結果的にそうだったという感じですが、先にテストを受けておくと、自分の強みが分かり、自分に向いている仕事を探しやすいと思います!

私のコーチングをお申し込み頂いた方には、全員にこのストレングスファインダーのテストを受けて頂いて、トップ5の資質をお知らせ頂いています。その方の性格やセッションを進めていく上で参考になるからです。テストの費用もコーチング費用に含まれています。

オリエンテーションでは、コーチングについてご説明させて頂き、納得頂いてからご契約頂けます。

コーチングや国内インターナショナルスクール、国際教育ってちょっと気になるかもっていう方には、メルマガに登録して頂けると、忙しいワーキングマザーが自分らしく過ごせるようになるCoaching Tipsや、海外で体験した面白い人や場所の話、ブログでは書けない話などをお送りします!

*ブログでは書けない情報満載の国際教育Bookを無料プレゼント中です。

こちらからダウンロード出来ます! ↓ ↓ ↓

ABOUTこの記事をかいた人

Keiko Hagi (羽木 桂子)

フルタイム勤務のワーママを経て、フリーランスへ。夫は単身赴任中で、小学生の娘と2人暮らし。サロン開催、サークルや、PTA、学童の役員等で、多くのワーママと関わってきている。海外との仕事をする機会が多く、添乗や出張、旅行等で30カ国以上を訪問。独自の視点をコーチングに活かし、ワーキングマザーをサポート中。ドイツ親子留学が延期となり、娘はインターナショナルスクールへ転校する。国際教育相談のサービスも展開するライター・コーチ。
♦GCS認定コーチ
♦Points of You® Explorer(国際資格)
♦『次世代国際教育メディア』(https://ienext.org/)にて、コラム連載中。