ワーママにコーチングをオススメする理由

私はワーママに是非コーチングを体験してみて欲しいと思っているのですが、それは私自身が、「もっと早くにコーチをつけてみれば良かった。」と、感じているからです。

コーチングってどういうもの?

そもそも、コーチングってどういうものなのか?ですが、『本人がやりたい事をやり、なりたい自分になるための行動を促すコミュニケーションの技術』っていう説明が分かりやすいと思います。クライアント本人がやりたい事をやって、なりたい自分になるのが目的で、その為に自分は何をしていけばいいのか?という事をコーチから質問されたりするうちに、自分で気づいていきます。

コーチという第3者から色んな視点で質問をされますので、それに答えているうちに、自分自身の事がよく分かってくるからです。そして自分1人ではぼんやりとしか見えていなかった理想の景色が浮かんでくるのです。そうすると・・、あれこれ躊躇している状態から、自ら「やりたい。」と自発的に思えるので、行動するようになるんですよね。

ワーママがコーチングを利用すると良い理由

では、なぜワーママに体験して欲しいかと思っているかと言いますと、ワーママは忙しすぎて、普通に仕事をして、育児も家事もやっていると、自分自身の事についてゆっくり考えてる時間なんて取れないのが普通だからです。

私は娘が小さかった頃に、たまーに夫に娘をお願いして1人でスタバなんかに行ったりすると、それだけでソワソワしてしまって、「うわー。こんな時間久しぶり。。」なんて思ってるうちに、あっという間にタイムアウトでした。それはそれで、少しはゆっくり出来て良かったのですが、ちょっと物足りなかったです。

コーチングの場合は、在宅でSkype等を通してコーチと対話する訳ですが、通話だけなので、別に自分の格好とか、家が散らかってるとか気にしなくていいですし、コーチと時間を約束しますので、そうすると色々あったとしても、どうにかこうにか、約束した以上その時間を確保するんですよね。3ヶ月の継続コーチングですと、月に2回で1回が1時間。それくらいだと、忙しいワーママでも何とか時間を確保しやすいです。

ワーママには自分自身と対話する時間が必要だと思ってます。自分にとっての理想の仕事と、育児と家事とのバランスの取り方や、今後のキャリアについて考えたり。最近多いのは、人生100年時代、定年まで組織に属して働くよりも、副業をしてみたいとか、フリーランスで働いてみたいという事も聞きます。

けれども、仕事と育児や家事で精一杯で、そういう時間が取れないと、状況は全く変わらずモヤモヤして消耗するだけです。コーチングを利用してみると、そこから様々な変化が起きていきます。何ヶ月も、何年も同じ事を思いながら、少しも状況が変わらない場合には、全てを1人で抱え込んで悩むのではなく、是非コーチングを利用してみて欲しいです。

人生100年時代、ワーママも自分に投資しよう

ワーママに限らずですが、ママって子供の習い事とか、塾代とか、そういう事には割とお金を使おうと思えたりしますが、自分の為となるとなかなか決心が付かないかもしれません。でも、ママが自分の人生にモヤモヤしていると、身近にいる家族ー夫も子供も少なからず影響を受けますよね。

アメリカなどでは、有名人とか、スポーツ選手でなくても、一般の人がコーチをつけているというのは割と普通です。「どういう仕事をしたいのか分からない。」とか、「今の状態には不満があるけれど、どうなったら自分的にOKなのか分からない。」と思う方もいらっしゃるでしょう。けれども、私はそれはある意味普通だと思います。

自分の事って意外と自分では分からないものです。コーチングでは、コーチがクライアントに答えを教えるという事はしません。答えはクライアントの中にあると考えているからです。そうなんです。コーチングを通して自分にとっての答え、自分にとっての正解を理解していくと、その先に自分でも思ってもみなかった景色を見る事もあるのです。

コーチングは、『本人がやりたい事をやり、なりたい自分になるための行動を促すコミュニケーションの技術』です。コーチングを体験した事がないという方は、体験セッションも行っています。

オリエンテーションでは、コーチングについてご説明させて頂き、納得頂いてからご契約頂けます。

コーチングや国内インターナショナルスクール、国際教育ってちょっと気になるかもっていう方には、メルマガに登録して頂けると、忙しいワーキングマザーが自分らしく過ごせるようになるCoaching Tipsや、海外で体験した面白い人や場所の話、ブログでは書けない話などをお送りします!

*ブログでは書けない情報満載の国際教育Bookを無料プレゼント中です。

こちらからダウンロード出来ます! ↓ ↓ ↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

Keiko Hagi (羽木 桂子)

フルタイム勤務のワーママを経て、フリーランスへ。夫は単身赴任中で、小学生の娘と2人暮らし。サロン開催、サークルや、PTA、学童の役員等で、多くのワーママと関わってきている。海外との仕事をする機会が多く、添乗や出張、旅行等で30カ国以上を訪問。独自の視点をコーチングに活かし、ワーキングマザーをサポート中。ドイツ親子留学が延期となり、娘はインターナショナルスクールへ転校する。国際教育相談のサービスも展開するライター・コーチ。
♦GCS認定コーチ
♦Points of You® Explorer(国際資格)
♦『次世代国際教育メディア』(https://ienext.org/)にて、コラム連載中。